不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資マンションの売却タイミングについて考える » マンション売却にかかる期間

マンション売却にかかる期間

マンション売却に必要な期間はどのくらいなのかを調査しました。これからマンションを売却しようとしている方は必見です。

マンション売却に必要な期間とは?

マンションを売却する場合ある程度の期間は必要となってきます。ここでは、マンション売却に必要な期間についてまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。

マンション売却の期間の平均は?

マンション売却にかける平均期限は、売却物件や担当した不動産にも異なってきますが一般的には3ヵ月だといわれています。しかし、実際のところは売却物件を仲介してくれた業者によったり、物件によったりで期間はまちまちです。駅チカ物件だったり、アクセスが良かったりする誰もが住みたくなるような物件だと販売開始ですぐに売れるケースも。また、誰もが見てもあまり魅力的ではない物件でも価格によってはすぐに売れる可能性があるのです。

少しでも高額で売却したいなら期間に余裕を持つ

お金を出して買ったものを可能な限り高額で売りたいと思うのはみなさん同じではないでしょうか。マンション売却にかける平均期間は3ヵ月とは言いましたが、なるべく高く売却したいと考えているのなら約3~6ヵ月の期間を持てるような余裕を調節しておくといいでしょう。売却期間を3ヵ月と決めてしまうと、どうしても焦ってしまい値下げをしてしまう方向に持って行きがちです。しかし、期間を長く設けておくと値段交渉してきた購入検討者のなかから1番納得できる価格を提示してきた人を選べます。そうなると自分も満足した売却になるため、気持ちよくマンションを譲れるでしょう。

マンションが売れない場合は売却戦略を変えてみる

期間を設けても売却ができないケースも考えられます。そんなときは、売却戦略をガラリと変えてみるといいでしょう。ここでは、いくつかの売却戦略を紹介していきます。

値下げをしてみる

購入検討者にとって「この物件良い!」と思われる条件は、立地・内装条件と価格のバランスが良いこと。現段階で売却ができていないのであれば、立地・内装のわりに価格が高すぎると判断されている可能性もあります。2ヵ月過ぎても反応がない場合は値下げを検討しましょう。このときやってはいけないのは、更新のたびに少しずつ値下げをすること。購入者からしてみると「この物件ちょっとずつ安くなってるけどまだ売れていないのは大きな問題があるからかも」と印象を下げてしまう場合も。立地・内装条件と価格のバランスが悪いと感じたら、潔くガクンと下げてしまいましょう。

相場より安くしてみる

自分が売却するマンションのエリア相場より安くすると、物件情報を見ている人にインパクトを与えられます。そのため、少しでも早く売却してしまいたいという人におすすめの戦略です。とくに投資目的で物件を購入しようとしている人は、価格に対して厳しめ。よって、マンションの立地や部屋の条件に対して値段が安いというのは、購入者にとってはとても魅力的だといえるのです。

不動産会社を変えてみる

値段を下げてもエリア相場より安くしてみても購入者が見つからない場合は、思い切って不動産会社を変えてみるのも1つの手です。不動産によっても家族で住むようなマンション売却に強かったり、特定されたエリアに強かったりするのでタイプを見極めるのが重要なポイントにもなります。会社によってはマンションが上手く売却できる方法を教えてくれるところもあるので、自分にピッタリの不動産会社を見つけるようにしましょう。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.