不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資マンションの売却タイミングについて考える » できる投資家は損切りも早い

できる投資家は損切りも早い

不動産投資と損切りの関係性について調査しました。いま利回りが良くないと感じている人はぜひチェックしてみてください。

不動産投資と損切りの関係性とは?

不動産投資をしている人で思っていた以上に利回りが良くないと感じている人はいませんか?そういったときは思い切って「損切り」 をしてみるのも1つの手です。ここではそんな損切りについてまとめてみました。

損切りは必ずしもマイナスではない

不動産に投資している人は、売上に強いこだわりを持つ傾向があります。しかし、本来はマンションを売ると増える選択肢や新たな課題に目を向けるべきなのです。マンションを売却して確実に利益が出るならそれに越したことはありませんが、やはり投資には負担のリスクが付きもの。

不動産物件で思うような利益があげられないとき投資している物件を見切り売りをして損失額を確定する「損切り」をするタイミングが重要になってきます。損切りができるかどうかで自分の将来が大きく変わるため、必ずしも損切りにマイナスなイメージを持つことはありません。

損切りをした人の体験談

Aさんの失敗談

とりあえず物件が欲しくて何も考えずに物件を購入してしまいました。地域の特性を把握してなかったためか購入してしばらくしたときに、除雪費用やロードヒーティング設置費用など余計な費用が発生してしまったのです。現状の利回りではこのまま物件を持ち続けても自分が損してしまう一方なのに気づき、手放したくはありませんでしたが数千万円の損切をしてその物件を転売することにしました…。

Bさんの成功談

私は新築で購入したワンルームマンションを売り損切りをしました。全部の損額を合わせると約300万円程度の損失…。しかし、ローンがなくなると融資枠が広がり、選択肢は広がりましたよ。

Cさんの失敗談

私は、地方の中古マンションを所有していました。今の物件よりも良い物件が見つかったので変えようとしたのですが、マンションの売り買いの事がわからず、仲介会社に依頼をすることにしました。
依頼した会社に全部丸投げをしたところ、結果として、購入した時よりも100万円近く低い値段になってしまった。今考えると、もう少し仲介会社を慎重に選ぶべきだったと思います。仲介業者を選ぶ際は、1社に全部をお願いするのではなく、何社かに話をしてから売買取引をした方が良いと思いました。無事売ることが出来たので良かったものの、「売れないかもしれないから、安くしていきます。」と強引に言われて、それに従ったのに後悔しています。
やはり、自分で取引をしていくことが、成功への道だと思いました。

Dさんの失敗談

不動産屋に、中古マンションを買わないかと言われて最初は断っていました。住んでみて、気にいらなければ空き家にして家賃収入に切り替えようと考えました。家賃収入が増えれば、自分の生活費の足しになるかもしれないし、老後のお金も増えるかもと思ったので、悩んだあげく1500万円購入することを決めました。
2LDKで駅から徒歩10分の物件のマンションだったので、最初は私自身が住んでいました。その後1年後に仕事の関係で、引っ越すことになり、空き家にしました。
その時は、いずれ借りてくれる人が見つかるだろうと安易に考えました。
しかし、一向に借り手が現れず、2年が経過しました。しびれを切らして売却することに、しかし、不動産屋から言われたことは、500万円にしかならないということです。
1500万で購入した物件が、500万にしかならないなんて、すごくショックでした。
今回わかったのは、売却するならすぐに行うこと。また、不動産屋からの誘いには乗らないことです。私の場合は、住んでいた物件を家賃収入の部屋へ変えましたが、投資をしている人の中には、複数の物件を持っていると思います。
不動産屋の中には、そういう人に目をつけて購入させただけで、売却する時は安いということが考えられるので、勧誘された物件は断るようにした方が良いと思いました。

Eさんの成功談

一戸建ての新築に引っ越したいと考えて、マンションを売却することにしました。
マンションの間取りは、2LDKで幹線道路が近く騒音が気になる物件だったので、正直高く売れるか不安でした。そこで、不動産業者に相談したところ、なんとなく早く売った方が良いと思い、査定額よりも上乗せして提示したら、トントン拍子で取引が行われて、結果想定していた価格よりも高い価格で売ることが出来ました。高く売れた理由としては、海、山、観光に最適な立地で、セカンドハウス需要があったためです。
私は、投資目的よりも引越し目的で売却をしましたが、うまく取引ができました。
この要因としては、家を建ててから売るのではなく、売ってから建てようとゆとりを持って取引を行ったからだと思います。
時間にゆとりがあれば、不動産業者とのやりとりもできるし、立地条件を見直して、売却価格を検討することが出来ます。
もし、私の体験を参考にする人がいるのであれば、是非ゆとりを持って取引を行ってください。きっと良い価格で取引をすることができるかもしれません。
もちろん、購入時よりも価格は下がってしまいますが納得のいく価格で取引ができると思います。

Fさんの失敗談

まだ投資を始めてまもない頃、複数持っていた物件のうち、1件がどうしても早く売りたいと思い、不動産屋何社かに相談を持ちかけました。最も良い条件で売ろうと思い、金額が良いところを選びました。不動産屋の良い金額が提示された額でサインをして取引をして成功したかと思いました。しかし、その後知り合いの不動産にその話をしたところ、「もっと高く売れたのではないか?」と指摘されました。
確かに、この物件は利益にならないから売ろうと考えるまでは良かったのですが、手続きや交渉が面倒なものと感じ、査定額だけで決めてしまったのがよくなかったと思います。
今は、この時の反省を活かして物件を取引する際は、1ヶ月ほどゆとりをもってしっかり精査をした上で売却の検討をするので、損切りもうまく出来るようになりました。
最も危険なのが、何も考えずに不動産会社に任せることです。しっかり売却価格を決めた上で交渉をしっかりすることが大切だと思いました。

Gさんの 成功談

別荘地の古いマンションを持っていました。このマンションは、祖母から譲り受けた物件だったので、祖母が生きているうちはいじることなく放置していました。
しかし、祖母が亡くなったことをきっかけに、売却しようと思いました。
ただ、マンション自体が古かったので売却できれば良いやという感覚で売ることを考えました。いくつか不動産会社をまわったのですが、その中で1件、熱心に話を聞いてくれる不動産会社を見つけました。
何故ここは熱心なんだろうかと思って調べると、不動産会社の方針で、古いマンションをリノベーション物件に変えて売却していることがわかったのです。だから、想定よりも高く物件を売ることができました。
もし、不動産を売却する時は、売り手を誰にするかも考えた方が良いかもしれません。
複数持っている人の中には、遊ばせている物件があるかもしれません。
そんな時に、買い手をうまく探すことができれば、想定よりも高い価格で取引出来る可能性があるからです。
どんな物件でも、売却する際には、損しても良いやで売るのではなく、なるべく損をしない方法はないのか、探しながら売却すると良いと思いました。

Hさんの成功談

港区で、3980万円という価格でタワーマンションを購入しました。購入した時は、自分の住居として購入しましたが、関西に仕事の拠点を移すことになってので、引っ越すことにしました。
この時、ローンが残っているのですぐに対処をしなければと思いましたが、資産活用をしようと考えて、一度は賃貸物件として運営しようと思いました。
しかし、賃貸の場合、借り手が見つからなければ、ただの空き家になるので場合によっては意味がないと感じました。そこで、売却する方向に転換しました。
査定額を調べるために、インターネットと不動産会社のデベロッパー系列で査定をしてもらいました。複数の会社に査定してもらったところ、実際に購入したよりも4500万円で売却することができました。
高く売れたポイントとして物件が比較的新しかったことと、複数の会社から査定をしてもらった点です。
また、賃貸にした方が儲かる場合もあるので、じっくり考えた上でどうするのかを検討すると良いと思います。私のように、購入した額よりも高く売れることがありますよ。
逆に、すぐに売却しようとすると良いことはないと思うのでじっくり検討する時間が大切です。

体験者のまとめ

体験者の話を見ていると、成功者は運がよく出来たという場合もありますが、全体で共通しているのが、じっくり精査した上で売却をしたことです。逆に勢いで売却をしようとすると、たいてい損切りで失敗してしまいます。成功者の話を全体的に考えると、「損切りしても良いけどなるべく、高く売れる方法ないか?」「焦らずじっくり調査をする」といった点に注意をして売却する方針で検討していますよね。この方が、かえって良い額で売れることもあるかもしれません。

このように、同じ損切りでも捉え方もダメージも変わってきます。損切りが必ずしもマイナスではありませんので、自分の将来を考えてみて判断するようにしましょう。

思い切って切り捨てることも大切!

投資においては、利益を出すのももちろんですが損失を最小限に抑えることが重要なポイントです。売却における損失というのは、回収が見込めないほど高い金利で長期的なローンを組んだ場合や家賃も下落傾向がある場合をいいます。マンションを売却しても確実に赤字になってしまうとしても、そのまま持ち続ければ損先はふくらむばかり、損失を覚悟して売却するしかないでしょう。

最終手段として自己資金分がマイナスになる状況で売るのは確かに勇気がいることです。多くの人は自分が損してまでマンションを売ろうとは思わないはず。

しかし、損切りをしてちょっとの余裕を作り新たな物件を買うことで資産の組み換えが可能。組み換え物件が優秀であれば、イチから立て直せるのです。損切りするのがマイナスだとは思わずに、自分が損している状況からどうやったら脱出できるかを優先に考えてみるようにしましょう。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.