不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資マンションの売却タイミングについて考える » できる投資家は損切りも早い

できる投資家は損切りも早い

不動産投資と損切りの関係性について調査しました。いま利回りが良くないと感じている人はぜひチェックしてみてください。

不動産投資と損切りの関係性とは?

不動産投資をしている人で思っていた以上に利回りが良くないと感じている人はいませんか?そういったときは思い切って「損切り」 をしてみるのも1つの手です。ここではそんな損切りについてまとめてみました。

損切りは必ずしもマイナスではない

不動産に投資している人は、売上に強いこだわりを持つ傾向があります。しかし、本来はマンションを売ると増える選択肢や新たな課題に目を向けるべきなのです。マンションを売却して確実に利益が出るならそれに越したことはありませんが、やはり投資には負担のリスクが付きもの。

不動産物件で思うような利益があげられないとき投資している物件を見切り売りをして損失額を確定する「損切り」をするタイミングが重要になってきます。損切りができるかどうかで自分の将来が大きく変わるため、必ずしも損切りにマイナスなイメージを持つことはありません。

損切りをした人の体験談

Aさんの失敗談

とりあえず物件が欲しくて何も考えずに物件を購入してしまいました。地域の特性を把握してなかったためか購入してしばらくしたときに、除雪費用やロードヒーティング設置費用など余計な費用が発生してしまったのです。現状の利回りではこのまま物件を持ち続けても自分が損してしまう一方なのに気づき、手放したくはありませんでしたが数千万円の損切をしてその物件を転売することにしました…。

Bさんの成功談

私は新築で購入したワンルームマンションを売り損切りをしました。全部の損額を合わせると約300万円程度の損失…。しかし、ローンがなくなると融資枠が広がり、選択肢は広がりましたよ。

同じ損切りでも捉え方もダメージも変わってきます。損切りが必ずしもマイナスではありませんので、自分の将来を考えてみて判断するようにしましょう。

思い切って切り捨てることも大切!

投資においては、利益を出すのももちろんですが損失を最小限に抑えることが重要なポイントです。売却における損失というのは、回収が見込めないほど高い金利で長期的なローンを組んだ場合や家賃も下落傾向がある場合をいいます。マンションを売却しても確実に赤字になってしまうとしても、そのまま持ち続ければ損先はふくらむばかり、損失を覚悟して売却するしかないでしょう。

最終手段として自己資金分がマイナスになる状況で売るのは確かに勇気がいることです。多くの人は自分が損してまでマンションを売ろうとは思わないはず。

しかし、損切りをしてちょっとの余裕を作り新たな物件を買うことで資産の組み換えが可能。組み換え物件が優秀であれば、イチから立て直せるのです。損切りするのがマイナスだとは思わずに、自分が損している状況からどうやったら脱出できるかを優先に考えてみるようにしましょう。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.