不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 一棟マンションをスムーズに売るポイント » 売却前にリフォームを検討する

売却前にリフォームを検討する

売却前の不動産はリフォームした方が良い?

マンションを売却する前に、どこもかもリフォームをしようとする方がいます。もし、「高く売れるから」「キレイならすぐ売れるだろう」という理由で全面改装をするつもりなら、期待通りの売却はできないかもしれません。

リフォームをしても売却額は上がらない

リフォームをすれば元が取れるほど高額売却ができると思われがちですが、実際のところリフォーム代を売出価格に上乗せするのは難しいでしょう。上乗せしたぶん相場よりも高くなってしまうので、結果的に売れ残るリスクがあるからです。

また、不動産を購入する人の中にはリノベーション素材としての不動産を探している方もいるので、すべてリフォームすれば良いと一概には言い切れません。

リフォームをするなら、多くの人が見て汚れや古びた印象を受けやすい玄関先や水回りなどのポイントに絞るのが良いでしょう。売却依頼をしている不動産会社に意見を求めて、必要最低限のリフォームに留めておくと失敗を防ぐことができます。

まったく手入れをせずに売却するのはNG!

売る前に全面リフォームしたがる一方で、まったく手を加えないまま売りに出そうとする方もいますが、これはもっといけません。特に一棟マンションは数千万円単位のお金が動く商品なので、それなりに人が使える状態にしておく必要があります。

リフォームを怠った物件は価格交渉で不利になる

車を例に取って考えてみると分かりやすいかも知れません。売り場に置いてある車は洗車されて常にピカピカの状態です。なぜならボロボロの車では購入意欲は湧きませんし、「バッテリーが古くて燃費が悪いんです」という商品は、よほど安くしないと売れないからです。これは不動産にも言えることで、メンテナンスが行き届いていない古びた商品は、よほど安くしないと売れないのです。不動産の売買ではほとんど価格交渉が入りますが、「水回りが古びているので値下げしてください」と言われたら、その通りに下げるしかありません。まったく手を加えていないと、価格交渉で不利になってしまう可能性があります。

「どうせ売るのだから」と思わず、最後までメンテナンスを怠らないでください。車よりも大きな金額が動く不動産だからこそ、必要な部分はリフォームをしてきれいな状態にしておきましょう。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

監修

SGSインベストメント

一棟マンション売却に特化したSGSインベストメントでは、関東以外の物件も取り扱っているため、全国エリアの物件を売却できます。一度相談してみてはいかがでしょうか。

SGSインベストメント

引用元:SGSインベストメント
http://www.1community.info/sgs-im/index03.html

SGSインベストメントの詳細をチェック

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.