不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 一棟マンションをスムーズに売るポイント » 買主が遠方地の場合は「持ち回り契約」

買主が遠方地の場合は「持ち回り契約」

こちらでは、売主と買主が顔を合わせることなく契約できる「持ち回り契約」について紹介しています。

持ち回り契約とは?

マンションを売買する際は売主と買主、仲介業者が立ち会って契約を交わすといった流れが一般的です。しかし、売主と買主の居住地域が離れていたり、お互いが忙しかったりしてスケジュールが合わないこともあります。そんな時に上手く使いたいのが「持ち回り契約」。持ち回り契約とは仲介業者が売主と買主の元へ直接出向き、契約書面に記名・押印してもらう、もしくは売主と買主がそれぞれ別の日に仲介業者に出向いて記名・押印をして契約を完了させることです。

持ち回り契約の基本的な流れ

仲介業者が売主と買主の両方に売買契約書や付帯設備表、現状確認報告書などの書類をチェック。売主・買主のどちらかが先に記名・押印するかによって少し流れが変わります。

買主が先に記名・押印をする場合

仲介業者が買主の元を訪れ、記名・押印をしてもらいます。その後、買主に記名・押印をしてもらった書類を持って売主の元へ。売主に手付金が振り込まれているかを確認してもらい、問題がなければ記名・押印をしてもらいます。

売主から先に記名・押印をする場合

仲介業者が売主の元を訪れ、記名・押印をしてもらいます。その後、買主を訪問し記名・押印をしてもらうのです。この時、仲介業者は買主から手付金を受け取り、その証明として「預かり証」を渡します。仲介業者は再度、売主の元を訪れ手付金の確認をしてもらい、「手付金領収証」を受け取るのです。最後に手付金領収証を買主に渡し、先に渡していた預かり証を返してもらったら契約が完了します。

持ち回り契約のメリット・デメリット

持ち回り契約には、メリット・デメリットがあります。

メリット

売主と買主の住んでいる場所が遠い場合やスケジュールが合わない場合などは、仲介業者が間を取り持ってくれるため、円滑に契約が進められます。また、売主と買主が顔を合わせたくない時にも、持ち回り契約は有効的です。例えば、値段交渉で揉めたり、離婚をした夫婦間で売買契約をしたりする時などに、持ち回り契約は使われます。

デメリット

持ち回り契約は、記名・押印のタイミングが異なるので、一方が記名・押印とした後に、もう一方の気が変わるケースがあります。契約はお互いが記名・押印をしてから成立するので、どちらかの気が変わったら、契約がなかったことになるのです。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

監修

SGSインベストメント

一棟マンション売却に特化したSGSインベストメントでは、関東以外の物件も取り扱っているため、全国エリアの物件を売却できます。一度相談してみてはいかがでしょうか。

SGSインベストメント

引用元:SGSインベストメント
http://www.1community.info/sgs-im/index03.html

SGSインベストメントの詳細をチェック

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.