不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 一棟マンションをスムーズに売るポイント » 地方物件売却時は一般媒介と専任媒介どちら選ぶか

地方物件売却時は一般媒介と専任媒介どちら選ぶか

一棟マンションが売れるかどうかのカギを握っているのは「媒介契約」です。このページでは、不動産の売却依頼時に結ぶ媒介契約の特徴を紹介しています。専任媒介契約と一般媒介契約の違いについてご存知ない方は、ぜひご一読ください。

売却したい不動産によって使い分ける媒介契約

媒介契約とは、一言でいうと「不動産売却を依頼する契約」です。売主と仲介業者との間で締結されます。媒介契約の主な形態は専任媒介と一般媒介です。

それぞれの媒介形態の特徴を知り、売却したい不動産に合わせて上手く使い分けると不動産の買い手が見つかりやすくなります。逆に、不動産に合わない媒介形態を選ぶといつまでも買い手が見つからない可能性も…。覚えておいて損はないので、媒介契約について詳しく知っていきましょう。

専任媒介契約とは?

専任媒介契約とは、その名の通り1社だけと締結する契約です。契約期間中(3ヵ月)は、契約を結んだ仲介業者以外の業者に売却を依頼することができません。

専任媒介契約の強みは「手厚いサポートを受けられるところ」です。契約を結ぶと依頼を受けた仲介業者には報告義務が発生します。売却を依頼している不動産の状況を2週間に1回以上のペースで知ることが可能です。報告してもらえる内容は、依頼している不動産を仲介業者が紹介してくれた数、それに対する買主の反響、問い合わせの数など。反響を確認しながら売値や条件を変更できるので、買い手がつきやすくなりますよ。

また、契約してから7日以内に、売却を依頼した不動産情報が不動産会社限定の情報共有サイト・レインズで公開されます。ネット・店舗の両方で積極的に営業活動してもらえるのが、専任媒介契約の魅力です。ちなみに、契約期間中にほかの業者に依頼することはNGですが、自分自身で購入者を見つけて売却する「自己発見取引」はOKとされています。

専任媒介契約に向いているのは?

アクセスの悪い場所にあるマンション、年期の入ったマンション、地方にあるマンションなど

一般媒介契約とは?

一般媒介契約とは、複数の仲介業者と締結できる媒介契約のことです。一般媒介契約の強みは契約内容の自由度。売却依頼を何社と結んでもOKですし、契約期間が決まっていないのでいつでも途中解約できます。もちろん、途中解約金は発生しません。

また、専任媒介と違って報告義務やサイト登録義務もありません。どんなサービスを受けられるかは仲介業者次第というところも一般媒介契約ならではのポイントです。専任媒介契約と変わらないくらいマメな報告をしてくれる業者もあれば、契約を結んだきり何のサポートもない業者もあるので、業者選びのセンスが試されます。

一般媒介契約に向いているのは?

高層マンション、ブランドマンション、駅チカのマンションなど

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

監修

SGSインベストメント

一棟マンション売却に特化したSGSインベストメントでは、関東以外の物件も取り扱っているため、全国エリアの物件を売却できます。一度相談してみてはいかがでしょうか。

SGSインベストメント

引用元:SGSインベストメント
http://www.1community.info/sgs-im/index03.html

SGSインベストメントの詳細をチェック

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.