不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資家が注目している地方都市 » 静岡県で注目のエリア

静岡県で注目のエリア

人口が多いエリア、増えているエリアには不動産投資のチャンスがあります。一棟マンションの購入などで利益をあげることも夢ではありません。
それに基づいて考えると、静岡県は不動産投資に向いているエリアとは言い難いかもしれません。人口は徐々に減りつつあり、例えば政令指定都市の静岡市についには人口が70万人を切りました。人口減少の傾向は今後も続くと予想されます。
しかし、静岡県にも不動産投資のチャンスが見込まれるエリアは存在するのです。今回は静岡県の不動産投資おススメエリアを紹介したいと思います。

静岡県の地理的特徴

静岡県の面積は7780平方キロメートルと、47都道府県の中で13番目の広さです。日本国内の中でも上位に位置しており、県内は静岡市や浜松市のような都市部、伊豆・伊東・熱海と言ったリゾート部の他に、豊田市のような工場や会社の多いエリアとバラエティーが豊富です。とうぜん、エリアごとに不動産投資に向いた物件は違います。

意外と多い不動産投資に向いたエリア

静岡市浜松市

静岡県で不動産投資に向いたエリアを挙げるなら、まずは「静岡市」「浜松市」の県内二大都市が挙げられます。この二都市の魅力は、第一に投資用物件の数です。二都市だけで県内の投資用物件の3割以上を占めています。かつ、人口の入れ替わりが激しいという特徴があります。一棟マンションを購入して賃貸物件として利用するなら、静岡市と浜松市がおススメです。とくにワンルームマンションの人気が高く、一定の需要があると言われています。

伊豆市

続いて伊豆などのリゾートエリアを見てみましょう。会社を定年退社した方々の中には、これらリゾートエリアを終の棲家として選ぶ人達もいます。一軒家はもちろんですが、リゾート型マンションも人気です。

豊田市

また、豊田市のように工場や会社の多いエリアでは、新規就職者や転勤族向けのワンルームマンションの需要が高いという特徴があります。あるいは、一棟マンションを購入して会社の寮として売り込むという戦略も考えられます。ワンルームの他にも、家族向け物件も人気です。

他の人気のエリアは、三島市・富士市・長泉町

例えば三島市は上記で紹介した工場付近のエリアに該当しますが、ワンルームのほかにファミリー向け物件の需要も高いのです。というのも、三島市は新幹線を使えば東京まで一時間ほどで行くことができます。大企業の工場も多く、高額物件への需要が一定数あるのです。

富士市は土地の価格がやすく、高い利回りが期待できます。

最後に長泉町は、「静岡県で住みたいまちナンバーワン」と言われています。自治体が子育ての保障に力を入れており、ファミリー向け物件の人気が高いのです。こちらも一棟マンションへの投資に向いていると言えます。

静岡県で不動産投資をする際の注意

以上に挙げたように、静岡県にも不動産投資のチャンスがあります。しかし、静岡県で不動産投資をする前に以下の事に気を付けましょう。

静岡県は自動車保有者の多い県です。移動には電車やバスよりも車を使う人が多く、駅やバス停の近くはそこまで人気ではありません。これは、他の県とは違う特徴です。駅やバス停の近くにあるよりも、駐車場の有無の方が重要になってきます。駐車場の他に、高速のインター付近やバイパスの入り口近くの物件などに需要があるのです。
また、東海地方は今後30年以内に大きな地震があると予想されています。そのため沿岸部の物件はあまり人気がないと言われています。今後静岡県で不動産投資をするならば、東海高速道路よりも以北のエリアが良いでしょう。
また、静岡県の物件は築年数が経っている物件が多いとも言われています。購入後にリノベーションする必要があるかどうかも、注目しましょう。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.