不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資家が注目している地方都市 » 埼玉で注目のエリア

埼玉で注目のエリア

埼玉では一棟マンションを高額で売却できる可能性があります。県庁所在地であるさいたま市の特徴や取引相場について調査しました。

埼玉に投資家が注目している理由とは?

東京に隣接している埼玉はそのアクセスの良さから、一棟マンションに高い需要があります。特に県庁所在地であるさいたま市は地価も年々上昇しており、投資家からも注目されているエリアです。

東京のベッドタウンとしてマンションの需要が高い埼玉

不動産取引が多く行われているさいたま市

東京のベッドタウンとして、ビジネスパーソンや若いファミリー層にも人気のさいたま市。さいたま市は不動産の取引が埼玉県内で最も多いエリアです。その中でも南区、浦和区の取引件数が多く、居住用不動産の需要が高く、取引が盛んに行われています。売り手市場状態のため、高値でマンション売却が狙えるエリアと言えるでしょう。

売り出し価格相場では、3LDKのマンションで1,501万円~5,000万円となっています。さいたま市外だと501万円~4,001万円となっていることから、1,000万円も差があることが分かります。

平米単価や坪単価の動き

2011年の東日本大震災で平米単価23.63万円まで下落しましたが、前年を大きく下回るほどではありませんでした。そのため、埼玉は他県に比べて災害による地価の影響を受けにくい地域といえます。それから、23万円~25万円あたりの上下を繰り返しながら、2015年6月の平米単価は27.27万円と高い水準に。マンション売却の価格は周辺の環境や地価も影響するため、なるべく高い水準を維持しているエリアで売却したいところです。

他地域での売却を考えているなら

さいたま市以外では、川口市や所沢市で多くの不動産取引が行われています。都心に近いことから、居住エリアとしての人気があるようです。また、地価価格が90万5484円/坪でさいたま市の86万8085円/坪を抑えて1位の蕨市も抑えておきたいエリアの1つでしょう。

不動産売却のプロからのひと言

他のエリアと比べると期待の持てる地域といって良いと思います。

(株式会社SGSインベストメント:代表取締役 菊地 聡太氏)

まとめ

やはり、政令指定都市であるさいたま市です。その中でも大宮区は新幹線が通っているため交通の便が良く、地価の上昇率も高いエリアなので、今後も高値での売却が期待できます。

さいたま市での一棟マンション売却は、政策の転換や景気後退がない限り今後も上昇傾向にあるといえるでしょう。菊地氏からも期待が持てるとの意見がでていますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.