不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資家が注目している地方都市 » 新潟県で注目のエリア

新潟県で注目のエリア

一棟マンションの購入など、不動産投資の場所を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。例えば、人口や面積がそれです。
新潟県は北陸地方ではもちろん、日本国内でも上位に位置する県面積と人口を有しています。例えば県面積は47都道府県では5番目に広く、人口は2017年の時点で15番目に多いと分かっています。
不動産における需要と供給のバランスが良いと言えるのです。今回は新潟県での不動産投資のメリットと、おススメのエリアを紹介したいと思います。

新潟県の不動産投資の魅力

新潟県は年々人口の推移が落ちており、今後も人口は減少していく傾向にあると言われています。そのため、一見不動産投資に向いていないように見えます。しかし、新潟県の不動産は利回りが高いという特徴があるのです。平均利回りは13%、中には20%の物件も少なくありません。
また、新幹線を使えば東京から二時間で着くことができ、他にも私鉄・高速・フェリーといった交通手段が豊富だという特徴があるのです。東京などの会社の北陸支店が置かれるのも新潟です。そのため住人自体は減少している傾向にありますが、人が集まりやすいという特徴があります。そこに不動産投資のチャンスがあるのです。

新潟で不動産投資をするなら

以上のように、新潟にも不動産投資のチャンスはあります。ではどの様な不動産が良いのでしょうか。

まず需要が強いのはアパートです。新潟は人口が減少しているので、マンションよりも空室の出しにくいアパートの人気が高いのです。また、アパートならば地方でも部屋がうまりやすいという特徴があります。そのため安定した取引が期待できるのです。
一方マンションは、不動産価格が下落しているので優良物件を安く買えることが期待できます。先述もしましたが利回りも高く、小口のマンション投資をいくつか行い、短期間で資金の回収を目指せるという魅力もあります。
ただし新潟県内ではマンション自体の流通量が少なく、また新築などの付加価値がないと入居者が入りにくいという特徴があるので注意が必要です。新潟で一棟マンションを購入する場合は、この他にも「駐車場の有無」「電車の沿線近く」といった要素があると良いでしょう。

新潟県で不動産投資に向いたエリア

新潟県で不動産投資をするなら、まず新潟市が挙げられます。しかし、同じ新潟市内でも場所によっては空室状況に差が出ます。新潟市内でも人気のエリアとそうでないエリアとで大きな差がでるのです。
人気の差は、まず沿線近くかどうかで変わっていきます。かつ年齢層や生活スタイルで人気の駅も変化していきます。
例えば単身者の場合は「新潟駅やJR越後線の寺尾駅」が人気です。移動の便が良く、かつ寺尾駅は新潟大学駅の隣なのです。なので単身赴任にやってくる方や学生のニーズが見込めます。
一方、家族向けにおススメなのは新潟大学駅とJR越後線青山駅です。とくに後者は、近くに住宅地があるという特徴があります。
この他には交通の便が良く積雪量も少ない中央区と西区、さらには長岡市と上越市が人気です。

新潟県での不動産投資戦略

新潟県で不動産投資を行うならば、上記で紹介したエリアや条件がそろった物を探してみましょう。かつ、客層として狙うならばファミリー層です。とくに小さなか子供がいる家庭なら、子供の世代になっても住み続けることが充分考えられます。
ただし、新潟県内では不動産価格が比較的安いので、賃貸マンションなどで住むよりも新築を購入したいと考える人が多い傾向にあります。大きな利益を狙うなら、新築の一棟マンションを購入して家族向けに販売していくと良いかもしれません。皆さんもぜひ検討してみてください。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.