不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資家が注目している地方都市 » 宮城で注目のエリア

宮城で注目のエリア

宮城の一棟マンション売却に投資家が注目している理由について調査しました。地方の投資先を探している方必見です。

宮城に投資家が注目している理由とは?

東日本大震災からの復興を遂げ、人口が増加傾向にある宮城県。投資家は物件価格や地価の上昇が見込めるエリアとして注目しています。

宮城の一棟マンション売却は景気上昇時が高値のカギ

投資家が注目している宮城は、仙台市とその他のエリアでマンション売却価格に多少の差があります。その理由や今後の動向を見て行きましょう。

狙い目は仙台エリア

宮城県の中でも狙い目なのは仙台エリアです。仙台市は景気の影響を受けやすい特徴があります。というのも、仙台市は東北の中核を担うエリアのため、企業の進出がされるときに真っ先に候補に挙がります。企業は景気の影響を受けますから、仙台市は特にその傾向が高いエリアになっています。

また、企業進出が盛んな分他のエリアよりも地価や物件価格が上昇。3DKのマンション売出価格相場は、仙台市が1,500万円~2,000万円なのに対し、他エリアでは1,000万円~1,500万円と開きがあります。

景気が良くなっていく過程で売るのがポイント

他の地方都市は地方ならではの価格変動があるのに対し、景気が冷え込み物件価格が下がったときにマンションを購入し、景気が上昇していく過程で売る、というのが宮城県でのマンション投資のセオリーです。しかし、好景気のピークを待って売り渋っていると、売り時を逃してしまうことも。景気回復の動きが見られたら、売りに出す準備を始めるのがいいでしょう。

平米単価や坪単価の動き

平米単価は2011年の15万円程度を底に大きく伸びを見せています。2015年の平米単価は約28万円と約1.8倍にまで上昇。

また、2017年の坪単価で見ると宮城県は9万3784円となっており、前年比8.86%の上昇が見られました。47都道府県のうち、上昇率ランキング2位という好成績です。中でも仙台市は前年比9.17%と上々。この動きは今後しばらく続いていくと投資家は予想しています。

地方のマンションを売却するなら

不動産売買は大きなお金が動く分、信頼できる不動産会社や売却が得意な会社に任せたいもの。都心にいても地方のマンションを高値で売却したいのなら、マンション売却に特化した不動産会社探しから始めましょう。

不動産売却のプロからひと言

他の地域と比べて突出した点はありませんが、売却が難しい地域ではないと思います。

(株式会社SGSインベストメント:代表取締役 菊地 聡太氏)

まとめ

宮城県の中でも、特におすすめのエリアはやはり「仙台」です。中でも「青葉区」は地価も高くなっています。

物件によってはリフォームやリノベーションが必要になるものも有るかもしれませんが、その分買い手が増えると考えれば、これからも手持ちの物件を持ち続ける不安は無くなります。好景気であれば、思っているよりも高値で売却先が見つかるかもしれません。

菊地氏は少し違った見方をしています。現状を知るプロの意見を参考にするなら、一度相談してみてはいかがでしょうか。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.