不動産投資のプロに聞く地方物件の現状 一棟マンションをスムーズに売るポイント 投資マンションの売却タイミングについて考える 投資家が注目している地方都市
一棟マンションを売却したいと思ったら読むサイト » 投資家が注目している地方都市 » 神奈川で注目のエリア

神奈川で注目のエリア

神奈川の一棟マンション売却に投資家が注目している理由について調査しました。神奈川県に一棟マンションをお持ちの方はご参考ください。

神奈川に投資家が注目している理由とは?

神奈川では緩やかにマンション価格が上昇中です。神奈川エリアでの新築マンションの価格が高騰しているため、中古マンション価格も上昇しています。

住宅地地価も2016年からわずかに上昇しているので、その点も投資家たちから注目を集める理由と言えるでしょう。

神奈川の一棟マンション売却はエリアが重要なカギ

投資家が注目している神奈川は、東京都に隣接したエリアが人気で、横浜市、川崎市など都内への通勤圏内の売れ行きが好調です。

狙い目は横浜市エリア

横浜市中区は山手や元町などの観光名所があるエリアなので人気が集まっています。また桜木町やみなとみらいなどがある中区、西区なども大人気スポットです。2017年の地下相場を見ると、横浜市西区が前年比+10.22%とかなり上昇している状況。横浜エリアに一棟マンションを持っているなら、この地価が上昇中の今が売り時と言えるでしょう。

景気動向と坪単価を調べてから売却するのがポイント

神奈川は近年、景気の上昇に伴い人気エリアを中心に地価やマンション価格が上昇しています。売却を検討する際は、お手持ちの物件の地価が前年比で上昇しているかを確かめてから売却するのがポイントです。

平米単価や坪単価の動き

2017年の中古マンション70m2価格月別推移では、神奈川県(+0.4%、2,835万円)で推移しており、若干ではありますが上昇傾向で推移しています。

また、2017年の神奈川県横浜市西区の坪単価平均は約453万円で、次に高いのは横浜市中区の182万円と続きます。

また、一番安いエリアは清川村で坪単価11万円とエリアによってマンション価格にひらきが大きいのも神奈川の特徴です。神奈川全体で見ると坪単価は上昇しているエリアが多く、今後もしばらくこの状況は続くと投資家は見ています。

神奈川のマンションを売却するなら

神奈川でマンションを売却する場合、地価が上昇している時期に早く売却したいもの。またせっかくの売却益も仲介手数料などで目減りしないようにしたいものです。業者によっては仲介手数料割引キャンペーンなどをおこなっているので、そういった情報を集めて大いに利用するようにしましょう。

不動産売却のプロからのひと言

他のエリアと比べると期待の持てる地域といって良いと思います。

(株式会社SGSインベストメント:代表取締役 菊地 聡太氏)

まとめ

今、神奈川で高値売却できそうなエリアは川崎市、横浜市です。地価相場の前年比で見てこの2つのエリアは上昇している区が大半を占めているので、このエリアに物件をお持ちの方は一度ご検討されてもいいと思います。

不動産投資のプロに聞く地方物件の現状

一棟マンションをスムーズに売るポイント

投資マンションの売却タイミングについて考える

投資家が注目している地方都市

サイトマップ

Copyright (C)地方で所有している一棟マンションでお悩みの方売却についてはお考えですか? All Rights Reserved.